Fin POP

人生のノウハウや投資、社会について将来の子供の教科書として活用するBlog

健康こそ節約!日常から始める簡単にできる5つの運動


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180418000820p:plain

ダイエットや健康のためにいろいろな理由で「運動」を始めます。

社会人になると忙しい日常の中で、運動のために時間を作る事は決して簡単ではありません。

それでもダイエットや健康や子育ての体力作りなどしっかり目標がある中で運動を継続するためにまず最初に日常できる簡単な運動を5つ紹介します。

健康こそ一番の節約

f:id:Barrgan:20180419220157j:plain 健康の人が健康を維持することを考える事はあまりないかも知れません。慢性的な病気になった時に初めて健康のためにできる事をしておけば良かったと後悔する「後悔先立たず」。

そして病気になれば、お金が減るのはもちろん使える時間が減るのでいい事はありません。病気になる前に今すぐにでも始められる日常から始める簡単な5つの運動を実践してみてください。

1.階段を使う

技術の発達で移動が楽になり、スーパーや駅などでエスカレーターやエレベーターがあるおかげで非常に楽に移動することができます。移動が楽になった事と引き換えに犠牲になっているのが「運動」

駅でエスカレーターを使わずに、階段を使うだけでも日々の運動になります。どうしてもエレベーターやエスカレーターがあると使ってしまいますが、健康やダイエットのための運動として一度やってみるべきです。

階段を使う最初はしんどいですが、慣れてくると全く苦になりません。それだけ筋力とスタミナが増えている事となり、運動をする体力が増えるのでより運動を続けやすい状況を作る事ができます。

階段を使う事で下半身の筋肉が付き下半身太りを回避できます。下半身に脂肪や老廃物を溜めにくくするので、太い足を細くしていく事にもなります。

2.お腹を凹ませながら歩く

お腹を凹ませながら歩く・・・たったこれだけでかなりの運動効果が期待できます。

年を重ねる毎に脂肪は落ちにくく、お腹周りに脂肪がどんどん蓄積されます。何もしていない人であれば、すぐにお腹周り脂肪付くのと特に男性は、食べる量が多いとすぐにお腹に脂肪が溜まります。

お腹周りの脂肪対策にもなるお腹を凹ませて歩くこと。お腹に負荷を掛けるのでその分脂肪が燃焼し、ウエストを細くすることに繋がります。

そしてお腹を凹ませながら歩くことで姿勢が良くなるので、姿勢矯正にもなり運動ができるので一石二鳥。

呼吸をする時にお腹を凹ませた状態にするために「腹式呼吸」を意識しましょう。

腹式呼吸はリラックスする時などに使える呼吸などの朝の通勤時間などで歩くときには、腹式呼吸をしながらお腹を凹ませながら歩くことでスッキリした気持ちで仕事に臨めるのと運動になります。

毎日の通勤や会社の椅子に座っている時や歩くときにお腹を凹ませる事を意識してやるだけでかなりの運動効果が期待です。

3.電車では座らない

通勤で電車に乗っている人は、朝どこの駅で誰が下りるかをリサーチしながら乗っている人がいるかもしれません。それは電車で座るためにしています。

皆が朝電車で座りたいために大人げない行動で席を奪ったりと時々小さな喧嘩を見かけます。皆が電車で座りたいという気持ちの中であえて座らずに立ち続ける事で運動になります。

電車に座ってゆっくりしたいとう気持ちは電車通勤の人では誰もが思う事ですが、気持ち的には座れたらラッキー、座れなかったら「運動」をしていると思えばいいだけです。

電車で私は座りたい派ですが、ダイエットをしたいのと運動をする事で体力を付けたいと思ったので、あえて座らない選択肢を取る事で体力が増えました。

そして無理やり心の中で、「朝何もしていないのに座りたいというのは甘え」と思いながら頑張りました。そして電車で座らないという事を続けた結果、体力と理由は分かりませんが、「体調」が良くなりました。

電車で座らない事の影響で、運動による健康をゲットしたのかもしれません。

更に効果的にする場合は、つま先立ちで第二の心臓と言われている「ふくはぎ」の筋トレを実施する事が出来ます。

4.ストレッチを習慣化する

ストレッチのイメージは、体をほぐして筋肉を柔らかくし、ケガをしにくい状態にすると思っていました。確かに間違ってはいなかったのですが、更にストレッチには3つの効果があります。

・リラックス効果

・肩こり・腰痛対策

・ケガをしにくくする

・睡眠の質を上げる

ストレッチをする事で副交感神経を優位になり、リラックスした状態になります。

ストレスを溜めにくい状態を作るにも役に立つストレッチ、他には筋肉はほぐす効果があるので凝り固まった肩こりや腰痛にも効果的で体を柔らかくするのでケガをしにくい状態になります。

就寝1時間前にストレッチをする事でリラックスした状態を作ることで睡眠の質を向上します。睡眠はイライラした状態や不安な状態で寝ると睡眠の質が低下します。

ストレッチでリラックスした状態を作る事で睡眠の質の向上に繋がります。

毎日の運動として取り入れる事で様々なメリットがあるのでストレッチは絶対にやるべき運動です。

5.家事全般を積極的にする

家事全般を積極的にするだけでかなりのカロリーを消費します。

料理、掃除、洗濯などをするだけでかなりの運動になります。実家暮らしであれば家事全般を積極的にするだけで運動になり、カロリーを消費します。

逆に家事全般を親に任せていたり、夫婦で家事を配偶者に任せている人は、運動する機会を奪われています。日常で家事は簡単にできるのとやればやるだけ部屋が綺麗なるなどの結果と運動になります。

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット

あとがき

運動をするぞ!という気持ちですぐにジムに入会してもたいていは続きません。

まずは、運動をするための土台作りとして日常できる簡単な運動を毎日続けたり、家事全般を積極的にこなすなどで体を動かす事から始めましょう。