Fin POP

人生のノウハウや投資、社会について将来の子供の教科書として活用するBlog

金持ち父さん貧乏父さんから学ぶ資産と負債についてと子供のために学ぶべき勉強科目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180404003302p:plain

学校の勉強はできた方ではありませんでした。ただ経済の勉強だけはなぜかやる気があったので90点代がほとんどでした。
そして社会人になると全く持って経済の授業で覚えた事を活かせていません。自分の血肉なるための学習をするにあたって今一度しっかり学ぶ必要があります。

割と理解していたものの、再度学ぶべきだと思ってた「資産」「負債」
そして金持ち父さん貧乏父さんを読んで子供のためと私自身今からでも学ぶべき勉強科目とその理由をまとめました。

資産と負債についてハッキリと理解する

f:id:Barrgan:20180404215617j:plain 日商簿記検定2級を取得するために貸借対照表や損益計算書を学んだおかげで資産や負債など普通に理解していると思っていましたが、読んでみるとかなりシンプルにまとめられていました。

「資産はポケットにお金を入れてくれる」 「負債は私のポケットからお金をとっていく」

会計とは!?といった当たり前の内容よりしっくり。
真っ先に資産と思いつく「マイホーム」。金持ち父さんはマイホームは負債と断言しています。

マイホームはなぜ負債なのか!?

f:id:Barrgan:20180404215747j:plain シンプルにまとめるとマイホームのための支払いは全て負債となり、家計を圧迫している影響でチャンスが奪われあとは一生懸命働くという選択肢しかない
チャンスが奪われるということは投資に回せるはずの資本が減るという意味です。
あと補足すると買った時より売った時の方が金額が高ければマイホームの購入はありだと思いますが、住むためより売るためとしての購入が前提になるので普通の人は中々そういった思考にならない。
マイホームの購入が夢であれば負債と言われようと買うべきですし、そこは自由だと思います。
ただ夢であるからこそマイホームにかかる支払いや利子に固定資産税に修繕費など長期的な大きな支出を理解する事は大事。

資産を増やす

f:id:Barrgan:20170521092638j:plain 金持ち父さんが言う資産とは

①収入を生むビジネス②株③債券④投資信託⑤手形・借用書⑥収入を生む不動産⑦音楽・書籍などの著作権・特許権⑧市長価値の高い物品や収入を生みだすもの

ブログで収益を稼げればブログ自体が資産となるのとやっぱり投資は必要。
長期的に投資に携わるようにするべきなので投資について毎日勉強する必要があると感じています。
ただ株や投資信託の本を必死に読むよりかは、マンガで勉強するのが面白い。

この本は投資から投資の歴史やお金とは!?という事を学ぶ事ができるので非常に面白いです。何度も読むことで勉強になるのと映像と文字なので私的には覚えやすい。
そしてとりあえずまず最初に株と仮想通貨の2つを挑戦しようと思います。少しずつ挑戦し投資に長く携わるべき。

負債を減らす

f:id:Barrgan:20180404220652j:plain 負債は無駄な支出などがあります。民間の医療保険に掛け過ぎや自炊せず外食ばかりやスマホ代などがあります。
負債を減らし、資産が増えればお金が増えていくのですぐに出来るのが負債を減らすこと。
家計簿で自分の収入と支出を把握し、無駄を削れる所や工夫できる所を発見することができます。
人生において家計簿を付けるのは必須スキル。

今からでも学ぶべき勉強科目

f:id:Barrgan:20180404220735j:plain 今からでも遅くない勉強科目は「数字力」です。
数字力と勝手に命名しましたが、数字に強くなることが大事だと感じています。数字を見て分からないと思ったらそこまででそこから理解するための行動が一切起きない。
本当に賢い人は数字に強い、数字に強いという事は読解力があるということ。

そうなれば自分の勉強のためと併せて子供に教えるための数字力についての内容をまとめて、1つの教科書を作りたいと感がえています。

数字力を学ぶための必要科目と

  1. 会計力・・・貸借対照表と損益計算書を読み解く力
  2. 税金・・・・税金の仕組み
  3. 市場の理解力・・需要と供給やヒット商品の予想やどれくらい売れるか 4.投資力・想像力・・・・ゲームやデモで実際の取引を経験

上記の内容を自分で勉強して「子供に教えるには!?」と考えながら教科書兼問題集を作るために自分が勉強する必要があります。

1~4の学習するにあっての教材

f:id:Barrgan:20180404220822j:plain 1.の会計力を学ぶためにはどうすればいいのか?
基礎を簿記で学び、あとは貸借対照表や損益計算から見る企業の財務状況などを把握。そのために選んだ本は「1秒!で財務諸表を読む方法」。

この本で自分自身理解し、パワーポイントで全てひらがなと可愛いイラストを使って何年後か先のための資料を作る。
すぐにでも数字に強くなるためにいつまでに上記の本で学び資料を作るかなど締め切りと目標をこれからしっかりするなど意欲がわいてきています。金持ち父さん貧乏父さんで学べたと思う人は多々いると思いますが、私のようにモチベーションが上がったという人は少ないでしょう。
読書をきっかけで活力が上がっているので今まであまり読書をしてこなかった自分に反省し、今年は50冊を目標に読書をしながらいろいろ学んでいきます。