Fin POP

人生のノウハウや投資、子育ての学習をゲームのようにレベルアップできる情報を配信

支出を減らすよりトータルで節約になる運動の6つの効果


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180417233353p:plain

運動は大事だとわかっていても運動をするまでなかなか行動を移せない。
2018年は読書をすることを目標にしているので通勤時間に読書をしていた本を見て真っ先に運動しないと思いました。

健康に老いられるかどうかは、公衆衛生、啓蒙キャンペーン、生活習慣の改善によって決まる。不健康期間は、ひとりでに短縮されるわけではないのだ。
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

健康に老いるというのは割と大事だなと思い、健康で老いるためにはと考えると「運動」が真っ先に思い浮かびました。
健康で老いるための運動をすることで得られる効果はお金と健康面を合わせて6つの効果があります。

確かに一人で短縮できないけど日本においては衛生環境は良いのであとは一人一人が行動的にならないといけないのと今までの人たちが歩んでいる60歳定年の65歳で退職という流れがガラリと変わる。もしかしたら50才で大学など環境が変わるのが必須でより多くの学習にお金がかかるので心と体の健康とお金のためにも節約は必須。
節約となると固定費を減らすことなどが挙げられやすいけど長期的にも生きるのにも大事な「運動」こそ節約になると思った6つの理由があります。

運動をすることで節約につながる理由

運動することで疾病を予防し、基礎体力の向上に体を強くするため体の衰えでケガをするリスクを下げます。
運動をするという事は継続がすることで、運動の継続をすることで心と体が強くなり、病気になりにくい体作りができるため人生を総合的に見てお金と時間の節約につながります。
運動を継続する定義は

「週2回以上、1回30分以上、1年以上、運動をしている者」 引用:厚生労働省

次に運動がトータル的に節約になる6つの効果を紹介します。

1.ストレス軽減効果

f:id:Barrgan:20151001180353j:plain

人それぞれにストレスを貯められる容量は決まっています。
ストレスをどんどん溜めていくと内臓へのダメージに心のダメージといった体と心のダメージを受けます。

何もしなければどんどんストレスが溜まる中でストレス解消に暴飲暴食に旅行など様々なストレス解消があります。
人によっていろいろなストレス解消がある中で一番効果があるのが「運動」です。
運動をする事でストレス解消になるだけではなく、ストレス耐性が向上します。運動が嫌いな人からすれば胡散臭いと思ってしまう内容ですが、私が見てきた中と父親や先輩などで仕事ができてイライラしていない人の共通点は、運動をしている事が挙げられます。

運動を継続的にしている人は仕事ができてストレスに強いのでスムーズに仕事をこなせるので、ストレス対策として運動は人間にとって必要な行動です。

2.病気のリスクを減少

f:id:Barrgan:20180415143716j:plain

運動をしないことで肥満や体の機能が低下などによる病気のリスクを上げます。運動をしていないのに痩せてる人であっても内蔵脂肪の蓄積による内臓疾患の病気になりやすい状況です。

厚生労働省、平成26年人口動態統計によると、生活習慣病での死因別死因割合では、悪性新生物、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患で全体の半数以上の55%を占めています

運動不足は死亡率を高めるか | 健康長寿ネット

運動、禁煙、節酒、減塩、適正体重などの生活習慣を改善するためにできることがあります。やる事を上げればキリがない中で運動はすぐに行動、すぐ効果がでる優れもので運動を定期的にしている人とそうでない人の差はどんどん開き、周りが病気やケガをよくすると言っている中で健康で元気で楽しく生きることができれば楽しい人生を遅れること間違いなし。
病気のリスクを下げることで時間とお金の無駄を節約することになります。

3.体の機能を維持

f:id:Barrgan:20180415144116j:plain

定期的に運動をしない事でどうなるかはほとんどの人が理解してるはず。一週間風邪で寝込んでいた後の行動はかなりしんどい。
寝たきりによって体の機能が低下し、機能を復帰するまで時間がかかるのと年を重ねるごとに機能が復帰するまでのかなりの時間を要することになります。

人は動くことで神経、内臓、消化器官などの機能し維持される仕組みです。
人の体と心は運動をするために設計されているので、運動をすることで体の機能を維持することができます。運動をするためには筋力が必要です。
筋トレを組み込んだ運動をすることで見た目の向上につながり、自信も向上します。何かを変えたいと思うならまず自分の見た目を変える筋トレを実施することをお勧めします。
定期的に運動や筋トレをしている人のほうが見た目が若く健康なのと今後日本は社会保障費がどんどん上がるため、制度自体が成り立たない可能性があるため早い段階で運動を実施するべき。

4.治療費の節約

f:id:Barrgan:20170107200709j:plain

運動をしないことで生活習慣病のリスクに筋力の衰えにより運動への気力の低下があります。気力の低下は年とともに減少していきますが、社会人になると一気に低下します。
新入社員や若いうちは運動を後回しにしがちですが、絶対に運動をやるべきです。社会人になった人は、忙しい中で時間を見つけて運動をすることでメンタル強化と免疫の向上につながります。

社会人1年目は休めないのとプレッシャーによるストレスで体調を崩す可能性があるのと糖尿病や高血圧などで慢性的に病気になると治療費が定期的に発生します。
自分が死ぬまでの期間に支払う治療費が多ければ多いほど他で使えたことが使えない期間損失になります。
国からもらえる年金の支給年齢の繰り下げに金額の削除など老後に必要なお金がますます必要になるので無駄遣いをしないためにも運動を実施し、治療費を抑制になります。

5.時間の浪費を防ぐ

f:id:Barrgan:20180130152024j:plain

不健康というだけで時間を浪費することは確実です。ケガをしやすい体であればケガによる行動制限。行動制限による移動や行動への時間が取られることによる時間の浪費。
病気も同様に行動の制限による時間の浪費と病院に通うという時間まで浪費することになります。

ケガや病気に強いのは治療費の抑制だけではなく、時間の浪費を防ぎます。超高齢化社会で病院の待ち時間はこれからどんどん増えるのでますます時間を浪費することになります。

6.健康でいられる期間を延ばす

f:id:Barrgan:20171017111428j:plain

これからの日本はどんどん平均寿命が延びることを自覚する必要があります。
平均寿命が延びる中で寿命までにいかに健康でいられるかが大事で国は健康寿命を取り組む啓発を運動を実施しています。ただ国がやっているのはお年寄りがメインで子供たちに運動による効果と運動をしないことによるリスクを勉強させることでその子供たちが一人でも多く定期的に運動する子を増やすべき。
運動によって活力ある子どもたちがどんどんイノベーションを実施し、古い体質と古い考えを打破して新しいものを作るためのきっかけにもなると思ってます。

死ぬまで健康でいられるほうが幸福度が高いのと年をとっても活力的に人生を楽しむためには運動をしていくことが大事。今からでも国が全国で運動実施キャンペーンを実施し、3か月の間に1週間で5万歩を達成できた人は税金の優遇など運動がお金になることなど面白いことをやってほしい。
運動が病気とケガのリスクを下げるので無理のない運動をどんどんすることで老後は今以上に楽しくしたい事ができると思っています。