Fin POP

投資や健康に子育てをゲームのようにレベルアップできる情報を配信

パソコンでつける!無料でカスタマイズ自由のWEB家計簿を配布


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180408191508p:plain

家計簿を付けるという事は、日々の支出を把握する事ができるメリットがあります。
メリットが分かっていても家計簿を付けるという労力と継続は意外に難しいというデメリットがあります。
そして家計簿を付ける際に初めからテンプレートのように使える物を本屋で家計簿ノートを購入しても自分でカスタマイズできません。パソコンで使えるフリーソフトでも同様にカスタマイズが自由にできない。
仕事でもExcelの簡単な関数を使うのでそれを応用して自分で無料で作ってしまえ!と思いExcelと同じ機能であるgoogleスプレットシートで家計簿を作成しました。<bR
ちょっとしたExcelの勉強無料で家計簿を使いたい人にはお勧めです。

無料で使えるWEB家計簿

Googleアカウントがあれば誰でも無料で使えるExcelに近い機能があるスプレッドシート
スプレットシートとは!?

パソコン、スマートフォン、タブレットのどこからでも新しいスプレッドシートを作成して、他のユーザーと同時に編集。インターネットに接続していなくても作業を継続でき、Excel ファイルも編集できる、Googleアカウント の無料サービスです。引用元:スプレットシート

外ではオフラインで作業し、家のWi-Fiで同期させたりといろいろな使い方が可能です。

Googleスプレッドシートを使うにはアカウントが必要

スプレッドシートはGoogleが無料で提供する計算シートでExcelに近い機能と独自機能を持っています。無料で使えるのでセキュリティをしっかり考えればわざわざExcelを購入せずに使えるので法人としては小さな節約になります。

スプレッドシートを使うにはGoogleアカウントが必要となります。今はGmailを持っている方が多いと思いますが、もしアカウントを持っていない人は下記リンクで作成してください。

Google アカウントの作成

スプレットシートのテンプレ家計簿の配布

WEB上で無料で簡単に使える巣プレっとシートの家計簿。
Googleアカウントと連携していればスマホのアプリからでも起動することができます(スマホではちょっと使いづらい)。
どこからでも家計簿を使えるので非常に便利です。

という事で実際作ってみたのがこちらです。
予算を数値化した支出を抑えるスプレットシートの家計簿(WEB閲覧用)

私が作ったスプレットシートの家計簿を使いたい方は下記からダウンロードしてアレンジしてください。

配布ダウンロード-Excel形式

予算を数値化した支出を抑える家計簿

ダウンロードしたExcelファイルをスプレットシートで使う方法

まずスプレットシートの画面を開き、右下の+マークで新しいスプレッドシートを作成します。テンプレートが表示されますが空白の何もない状態のを選びます。
f:id:Barrgan:20180407103952p:plain
ファイル ⇒ 開く ⇒ アップロード ⇒ パソコンからファイルを選択でダウンロードしたExcelを選択。
f:id:Barrgan:20180407104816p:plain

予算を数値化した支出を抑える家計簿コンセプト

節約するために無駄な買い物はをしないという事が挙げられます。
無駄な買い物をしないためには、自分の家計簿を分析することです。
家計簿を分析するためには継続して入力が必要です。

ただ家計簿を付けているだけで分析と言われてもどうすればいいか分からないという事があります。そのために私の家計簿は生活費(食費、外食、服飾など)を予算化する項目を作りました。

支出の把握は大項目だけで構わない

過去に家計簿を付けていた時はセブンイレブンのお肉とおにぎりを購入と細かい詳細まで入力していましたが、入力することが目的ではなく、支出を減らすことが目的です。
支出を減らすためには全体像の把握と目標の設定かつ家計簿を継続して入力すること。そのためには入力の手間は少ない方がいいので入力するのはスーパーで購入すれば食費、ドラックストアで洗剤や卵や牛乳などを購入しても「日用品」の項目に入れます。
お店単位で購入するので、ドラックストアで購入したものは全て日用品に入れます。
継続こそ力なりと目標の設定による支出を減らす事なので、家計簿を付ける事で全体像を把握し、支出を目標化し、適宜分析しながら節約していくのがベストです。<Br> 2年間スプレッドシートで家計簿を付けた結果、コンビニとAmazonの支出がどんどん増えている事が分かりました。
特にAmazonはハッキリ言って購買意欲を上手に利用して買わされているので無駄な買い物を減らすよう注意しています。

予算を数値化した支出を抑える家計簿の使い方

年間収支があり、1月から12月までの月ごとの収支を記載するシートがあります。
1月から12月の収支を入力していくと年間収支に自動で反映されます。
1月から12月の黄色の枠のみに入力していくようにしてください。

1月から12月ごとのシートで「A.今月の生活費(変動費)予算 入力」に支出の予算を目標化してください。
だいだいどれくらいかが分かっているならそれより少し少なめに設定し、はっきりと金額が分からないならとりあえず金額を入力してみましょう。
f:id:Barrgan:20180407133439p:plain
日々の支出を集計するのが「集計表」。
「B.今月の生活費(変動費)」は「集計表」の項目を自動で合計します。
f:id:Barrgan:20180407160046p:plain

集計表の項目とB.今月の生活費(変動費)の項目は同じです。「集計表」の項目を選択し、黄色の部分を入力していくと合計金額を集計し、更にBに反映するようにしています。

私が作ったスプレッドシートを見ているとある程度分かるかと思います。あとは自分用にカスタマイズ自由なので、家計簿で節約をして投資や自分の勉強にお金を回せるよう生活の工夫してみましょう。
要望やこうした方が面白いというアイデアがありましたらTwitterまたはコメントにて連絡してもらえると嬉しいです。