Fin POP

人生のノウハウや投資、社会について将来の子供の教科書として活用するBlog

最初に知っておくべき投資信託のキーワードを勉強


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180806213731p:plain

投資信託となるといろいろなキーワードがたくさんあります。
たくさんある中でまず最初に知っておくべきキーワードがあります。

「純資産額」は多ければ多いほど安心

「純資産額」はファンドの全財産の互恵の価格を示す数値。
見るべきポイントは純資産額の増減です。
増加しているのであればファンドの調子がよく人気があるということで増えているということです。
逆に減少傾向の場合は、解約の増加やその投資信託にも音大があるなどで投資家が売却している可能性があります。
純資産額が極端に減ると強制売薬される場合があるため要注意です。

「基準価格」はファンドの単価

投資信託で一番必要不可欠な「基準価格」
基準価格は投資信託の現在の価格でこの基準価格によってどれだけ購入できるかが決まります。
基準価格の高い安いは運用成績とは関係ありません。
基準価格が安い時に購入し、高い時に売ることで利益を得ることができます。

毎月分配型の投資信託の場合、利益がない月は元本から分配金が支払われるため、結果的に基準価格が下がることになります。
ただし分配金を支払わない累投型のファンドの場合は、基準価格と一緒に運用レポートに掲載されるのでチェックしましょう。

運用開始時の基準価格は1万円からスタート

スタートは1万円からでそのあとの市場の変化で上下します。
同じ投資対象であっても投資開始の時期によって基準価格が変わります。

国内株式のインデックスファンドを探してみると投資対象の基準価格がそれぞれ違うのは投資信託をスタートした時期が違うのでそれぞれ基準価格が異なります。

口数は保有しているファンドの数量

口数は保有している投資信託jの数量、単位を表すものです。
先ほど説明した「基準価格」によって1口の価格が決まります。
1万円で買う際に基準価格1万円の場合は1口1円となり1万口数買い付けができ、基準価格が8千円の場合は1口0.8円となるため1万2500口数買い付けができます。

基準価格 1口あたりの単価 1万円で買付できる口数
10,000 10,000
8,000 0.8 12,500

ただ、自分の残高を確認したら損益が簡単に把握することができます。

基本になりつつある「ノーロード型」

投資信託は購入する際に購入手数料がかかります。
購入手数料は販売する証券会社や銀行などの金融機関が得る収益となります。
特に銀行は購入手数料が高い商品を積極的に販売し、利益を得ようとします。
その中で基本となりつつある「ノーロード型」は、購入手数料が一切かからない投資信託のことをいいます。

そして一番大事なのが購入手数料やノーロードでも運用成績はほぼ一緒です。
同じ投資対象の投資信託の中に購入手数料がかかるものとノーロード型のものが存在しますが、購入手数料3%かかるのであれば最初に元本から3%マイナスされているのでハンディキャップを背負うのと同じです。
購入時にかかる手数料なので、あまり運用成績に関係がない手数料なので投資効果を加味するとノーロード型がおススメです。
販売手数料はノーロード型を前提に運用中にかかる信託報酬の低いものを探すことで余分なハンディキャップを背負わずに済みます。

「交付目論見書」と「請求目論見書」について

目論見書は「交付目論見書」と「請求目論見書」の2種類があり、投資信託を購入する前に必ず確認してから購入する必要があります。
交付目論見書は、投資信託の概要が記載されていて、請求目論見書はかなり詳細な情報が記載されています。

交付目論見書はかなり読みやすいので専門用語の意味さへ分かれば誰でも簡単に読むことができるので、「交付目論見書」を見るだけでOK。
f:id:Barrgan:20180806214314p:plain

アクティブファンドとインデックスファンド

投資信託は大きく分けて「アクティブファンド」と「インデックスファンド」があります。

戦略的に調べて積極的に投資するアクティブファンド

アクティブファンドは市場平均以上の大きなリターンを狙うタイプです。
どの分野が成長を期待できるかなど銘柄を複数選択し、集中的に投資をします。
今後伸びると期待してそ伸びる分野のみに集中投資するファンドがあったりと運営会社が戦略的に調べたうえで投資します。

大きなリターンを狙える分、アクティブファンドは顧客が支払う手数料が高くなる傾向になります。
あと手数料が高いからといって利益がでている訳でもないので、組み合わせ1つとして選びましょう。

指標に沿って市場平均を狙うインデックスファンド

インデックスファンドはある特定の指標の値動きに沿って投資することを目的とし、常に市場平均に連動した動きをします。
インデックスファンドの特徴は指標に登録された銘柄を広く購入するので「日経平均」や「JASDAQ」や「TOPIX」などに投資している場合は、指標と連動するため、値動きや仕組みを理解しやすいタイプです。

インデックスファンドは運用にあたり、戦略的に調査する「アクティブファンド」とは違い、指標通りに売り買いするのでカンタンなのでコストが低いのが特徴です。
そのため、近年インデックスファンドがどんどん誕生し、低コストのものが非常に多くなっています。