Fin POP

投資と健康をゲームのようにレベルアップできる情報を配信

株の取引口座である「一般口座」と「特定口座」の違いと厳選徴収について詳しく解説


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180710162035p:plain

株の取引きを始める際に選択する「一般口座」と「特定口座」を選択します。
「特定口座」を選択するとさらに源泉徴収ありまたはなしを選択します。

一般口座と特定口座に源泉徴収をわかりやすくまとめました。

「一般口座」と「特定口座」がある理由

株の取り引きをする際に選択する「一般口座」と「特定口座」。
株の取引きは上場企業の動向に決算チェックに株価の推移など見ていくことが多い中、手間であまり時間を取られたくないのが「税金」です。

株で利益が出た際には税金を納める必要があります。
年間20万円以上の所得がでた場合は確定申告が必要となるのでサラリーマンで年間20万以上の副業利益があるのであれば確定申告が必要となります。
確定申告とは

確定申告とは、所得にかかる税金の額を計算します。個人の所得は1月1日から12月31日の1年間。確定申告書や決算書などの必要書類をそろえて、翌年の2月16日から3月15日(土日の場合は翌月曜日)までに税務署に申告・納税します。
iDecoなどの所得控除(給与天引きでない人)を受ける人などは、確定申告を行うことによって「納めすぎた税金が還付金として手元に戻ってくる」場合もあります。

確定申告はサラリーマンにとってなじみのない言葉です。
サラリーマンは会社で納めてもらっているので手続きは「年末調整」の書類を記入するだけです。
いざ20万円以上の利益が出た際に確定申告をしようとなると利益の計算とどの期間までの利益を計算するかなど悪戦苦闘。
ただの「一般口座」であれば悪戦苦闘をしますが、「特定口座」であれば税金の計算がカンタン。

f:id:Barrgan:20180710170407p:plain

証券会社の「特定口座」の実力

「一般口座」はただの口座なのですべて自分で年間取引報告書を作成しまとめ、その後、確定申告をする必要があります(年間20万円の場合は不要)。
特定口座の場合は証券会社が1年分の株取引をまとめた書類(年間取引報告書)を作成してくれいます。

証券会社の「特定口座」は面倒なことはすべて証券会社に任せようという事です。

「特定口座」の源泉徴収ありとなしのメリットとデメリット

株にかかる税金は利益に対して20.315%の税金がかかり、内訳は所得税が15.315%、住民税が5%
「特定口座」の源泉徴収ありは、株の利益にかかる税金を証券会社が計算し、利益から源泉徴収し、税務署を納めてくれるので手間がかからないメリットがあります。
「特定口座」の源泉徴収のデメリットは年間利益が20万円以下の場合でも一律20.315%を徴収されてしまいます。
「特定口座」の源泉徴収ありを選択する人は年間20万円以上の利益を出せる見込みがある人が選択するべきです。

「特定口座」の源泉徴収なしの場合は証券会社が年間取引報告書を作成してくれるのと利益に対して勝手に徴収されません。
ただし、デメリットとして20万円以上の利益がでた際には面倒な手続きである確定申告をする必要があります。
初心者など少しだけ稼ごうとするのであれば源泉徴収なしでも構いません。
今後利益が出せそうであれば、源泉徴収ありに変更するなどして確定申告の対応ができます。

faq.rakuten-sec.co.jp

まとめ

株の取引に慣れるまでには「特定口座」の源泉徴収なし。
株の取引きに慣れてきてこれから大きなリターンを目指す人は「特定口座」の源泉徴収ありを選択し、面倒な確定申告を回避しましょう。

手数料0円訴求 今週のお題「星に願いを」