Fin POP

人生のノウハウや投資、社会について将来の子供の教科書として活用するBlog

投資初心者が最初に始めるべき『投資信託』のガイドブック


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180731092237p:plain

少子高齢化で貯金だけでは老後に苦しい生活がくることが予想されます。仕事に追われ、何もせずに老後を迎えるは非常に危険。
じゃあ投資をしょうとして失敗する恐れがあるので「怖い」というイメージがありますが、継続して投資をしない事には勉強になりません。

どうすれば勉強になるかを考えた末、株などに比べて比較的リスクが少なく少額でスタートできる投資信託を開始。
500円から始めることができるので、投資初心者はまず最初に投資信託に挑戦するためのガイドブックと実際に投資信託のはじめ方を紹介します。

投資信託とは!?

投資信託とは!?

「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」引用:そもそも投資信託とは?

株式を運用するファンドは複数の株をパッケージ化として運用するので株の中での分散投資ができ、少額の資金で運用の専門家であるファンドに運用してもらいます。
積み立て投資信託は月100円から開始できる所もあり、貯金感覚で投資をすることができます。
ただし、貯金感覚で積み立てる事ができますが、元本保証されている金融商品ではありません

投資家の利益はファンドの運用によって「安く買って高く売る」という事です。
分配金というものもありますが、最初はスルーしても問題なし。
国内株のみ投資するファンドや海外債券のみに投資するファンドから国内株と海外株など分散して投資するファンドなどがあります。

毎月500円から積み立てができるので、ただ単に銀行にお金を預けているより、少しでも「お金に働いてもらう」きかっけを作っていきましょう。
まず最初に投資信託のメリットがどんなものかを下記を読んで参考にしてください。

www.fin-pop.info

投資信託を購入するには証券会社で口座を作る必要がある

投資信託を購入するためには証券会社に口座を作る必要があります。
あとで説明する投資信託の手数料の中で「購入手数料」というものがあります。
購入手数料は投資信託を購入するときに発生する手数料で手数料の上限を販売会社である金融機関が設定することができます。
販売する会社が設定する事ができるので特に上限MAXまで設定している店頭窓口のある金融機関は手数料が割高になるため、手数料が割安でスマホから確認できる「ネット証券会社」がおすすめです。

おススメするネット証券会社

私がおススメするネット証券会社は2社あります。
SBI証券
楽天証券


上記2社はネット証券の中で上位の会社で投資信託の投資先であるファンド数が多くiDeco(自分で作る年金)を加入する際に基本的な手数料のみしか掛からないのでかなり良心的なネット証券会社です。

口座を作成する際には、パソコンまたはスマホで口座に必要な情報を入力し、本人確認としてマイナンバーと免許証のコピーをスマホで撮影したものを送るのでカンタンにできます。
口座を作る際に「一般口座」と「特定口座・源泉徴収なし」または「特定口座・源泉徴収あり」があります。
一般口座はただの口座、特定口座は1年間の収益を証券会社が作成し、源泉徴収ありの場合は、証券会社が自動で利益の税金を支払ってくれます。
詳しくは下記を参考にしてみてください。

www.fin-pop.info

最初に知っておけば理解度が深まる投資信託のキーワード

物事にはたくさんのキーワードがあります。
あまりの多さにしり込みしてしまいますが、最初に覚えておくべき投資信託のキーワードを下記にまとめています。
最初にキーワードを理解しておくことで、投資信託の理解度に大きく影響すると思っています。

www.fin-pop.info

預金するより断然なお得な投資信託

マイナス金利が導入されたりとりと話題を呼びました。
今は預金に預けているだけでも金利はほぼ0%。
どんどん金利が下がってく中でお金を預けているだけの状態です。

日本人は預金大好きですが、預金しているだけではお金は増えません。
今後物価の上昇などで若ければ若い人ほど老後の生活が不安点になるため、少しでもお金を増やす行動をとる必要があります。
少しでもお金を増やす勉強をするために預金に預けているお金の少しを投資信託に回すことでお金を増やせる可能性を見出しましょう。

投資信託を始めるべき人のの3つの特徴

投資信託に向いている人の3つの特徴は以下の通りです。

  • 投資初心者
  • 手軽に分散投資をしたい人
  • 短期より長期的に運用したい人

株など投資を始める前に投資信託を始めることで、投資全般の勉強になりステップアップをしてから株にいくなど段階的に勉強できます。

投資信託の利益

投信信託を購入した際に得られる利益は2つあります。
・キャピタルゲイン(安く買って高く売る)
・配当


安く買って高く売るのは株と同じです。
そして株と同様に配当があり、その配当を受け取るまたは配当を再投資にするファンドがあります。
おススメは長期投資を目的としているので配当を再投資する累投型がおススメです。

投資の3つのリスク

投資の基本は安く買って高く売るがメインとなります。
安く買ってさらに安くなれば、資産が目減りします。

投資のすべてにいえる3つのリスクは、「価格変動リスク」、「カントリーリスク」、「為替変動リスク」。
価格変動リスクは、その名の通り価格が変動するリスクで、カントリーリスクはある国家における問題です。
カントリーリスクの主に有名なのが「ギリシャの破綻」です。
そして為替変動リスクはドルやユーロなどの為替変動のリスクがあり、円高になると輸入有利で円安になると輸出有利など為替の変動で企業の利益に影響します。

投資の3つのリスクを分かりやすく説明しているので下記を参考にしてみてください。

www.fin-pop.info

投資信託を購入するはファンドを選ぶということ

投資信託を購入するという事はファンドを選ぶことです。
投資信託は手軽にできますが、運用先であるファンド数は3,000種類以上あります。
その中から選ぶのは非常に難しいですが、基本を押さえておけば問題ありません。
まずファンドには2種類のタイプがあります。
「アクティブファンド」「インデックスファンド」
積極的な投資で大きなリターンを狙うがコストが高い「アクティブファンド」とコストが割安で指数に連動し、市場平均を目指す「インデックスファンド」の2つになります。
次にアクティブファンド」と「インデックスファンド」がどの投資をするのか、手数料や格付けなどを見ていくことになります。

  • ①ファンドの投資対象
  • ②投資信託の3つの手数料
  • ③格付け

ファンドにはいろいろな投資対象の商品が多数ありますが、まずは3つの項目を抑え、慣れてくれば対象を増やしていくのもありです。
次にファンドの3つの特徴を紹介します。

①ファンドの投資対象

ファンドはどの金融商品で投資・運用していくかをしっかり見て行きます。 投資・運用の対象となるのは6つ。
f:id:Barrgan:20180731110653p:plain
・国内株 ・外国株(先進国と新興国で分かれる場合がある) ・国内債券 ・外国債券 ・国内RIET(不動産) ・海外RITE(不動産)

国内や先進国の外国株は歴史的低迷しているのでリターンが欲しいのであれば、新興国の外国株を選べばいいですし、安定した収益を上げたいのであれば国内株。
さらに国内株や外国株に債券を分散投資するバランス型など選べます。
1つだけを購入するならバランス型、またはそれぞれの投資対象ファンドを複数購入するのがオススメです。

②投資信託の3つの手数料

投資信託の3つの手数料

投資信託を購入する際に必ずチェックするべき「手数料」。
投資信託の手数料は3つあります。

  • ①購入手数料・・・投資信託を購入する際にかかる手数料
  • ②信託報酬・・・持っている時にかかる運用会社等に支払う運用手数料
  • ③信託財産留保額・・・途中で売るときの手数料(取らないファンドもある)

忘れてはいけないのは、プロに運用してもらうので「手数料」を取られます。
しっかり調べてリターンを狙う「アクティブファンド」は、市場調査を念入りにするのでその分、手数料が高くなるのに対して、「インデックスファンド」は指標に連動した売り買いのため、「アクティブファンド」ほど手間がかからないため手数料が割安。
ただ自分でしっかり運用できる人は自分で株や債券などで運用する方が手数料は投資信託よりかかりません。
基本的に投資信託は手数料ビジネスなのでいかに割安な手数料の商品を選び利益を出すかになります。

1.購入手数料について

購入手数料は投資信託を販売する会社に支払うものです。
ネット証券会社では購入手数料がないノーロードや割安な手数料の所が多いですが、中には購入手数料が多いものを販売してくるので注意が必要です。
あと金融機関は毎月分配型というのを進めてきますが、仕組みをしっかり理解できないのであれば安易な発想で購入しないようにしましょう。

購入手数料は基本無いのが主流ですのであまり重要視せず、次に説明する信託報酬が一番高い手数料となります。

2.信託報酬

投資信託で一番見る必要がある「信託報酬」
購入手数料が無料であっても信託報酬が高ければ利益が減る事になります。

ファンドは利益が出なくてもこの信託報酬が収益になり、投資家からすれば利益がでない状況でも信託報酬がかかるのでコストとなります。

3.信託財産留保額

買う時の「購入手数料」、保有期間中手数料である「信託報酬」、そして売る時に発生する手数料「信託財産留保額」があります。

頻繁に解約など他の投資家に迷惑がかかるので、投資信託の運用を安定するためのものです。
信託財産留保額制度をとっているかどうかはファンドごとに異なるので「投資説明書」などで確認しましょう。

ファンドの説明書である「交付目論見書」を確認

f:id:Barrgan:20180808215311p:plain 投資信託を購入する際に必ず見る必要がある「交付目論見書」
1ページ目にはファンドの概要が図表で掲載されているので、投資地域や何に投資しているかを把握することができ、アクティブかインデックスに為替ヘッジありなどの情報が一目がわかります。
まず「交付目論見書」を見る際には1ページ目をじっくり読むだけでファンドの全容を把握することができるのでいろいろ目論見書を見ることで勉強になります。

そしてファンドがどの地域や国にどの比率で運用しているなどをしっかり確認しておきましょう。
中にはカントリーリスクが高い国に投資し、大きなリターンを狙っているなどいろいろなケースがあるので、目論見書には具体的な「投資比率」が掲載されている(ない場合は月次レポート)を見て確認しておきましょう。

目論見書の中には、必ず株の価格変動リスク、海外資産の投資であれば為替変動リスク、新興国であればカントリーリスクなどファンドが抱えるリスク一覧が記載されています。

www.fin-pop.info

そして預金のような元本保証ではないということがしっかり明記されているので、元本が割れる可能性があることを理解しておきましょう。

目論見書に記載されているコストを確認

投資信託の手数料は上記で説明した3つの手数料があります。

購入手数料は、ファンドが上限を設定するだけで販売する金融機関が設定しますが、ネット証券は店頭販売する金融機関と違い割安な手数料を設定しています。
コストの内訳を把握することは必須ではありませんが、一度は目を通しておくべきです。

そして目論見書は、採用に変更があるため日々最新のものに更新されます。
運用比率やコストの変更などがあるので、目論見書の表紙に「使用開始日」という名で更新日が記載されています。
自分が購入しているファンドの目論見書が変更されたのであれば、一度目を通しておくのとメールなどで変更通知がくるのでしっかり確認しておきましょう。

投資信託を購入して勉強してみる

勉強してから購入もあながち間違いではありません。
デモなどで運用しながら勉強も間違いではありません。

でも私的には自分が稼いだ生きたお金を投資に使って価格の上限を毎日調べたり、今後の予想をするほうがよっぽど勉強になると思います。
なかなか投資の一歩を踏み出せない人はワンコインから積み立てがスタートできる投資信託を購入して、価格の上限や今後の推移を勉強していくほうが勉強になるのでぜひ投資信託に挑戦してみましょう。