Fin POP

人生のノウハウや投資、子育ての学習をゲームのようにレベルアップできる情報を配信

仮想通貨であるビットコインを学ぶ!!できること、購入方法について


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180424225104p:plain

最近ネットニュースや新聞、テレビニュースでみる「仮想通貨」「ビットコイン」という単語を目にしますね。

ビットコインは「仮想通貨」や「暗号通貨」と言われているもので世界中で注目され始めています。
2018年4月主だったニュースであれば、下記のニュースにインパクトがあります。

coinchoice.net

ある国家では金融危機に対して自国の通貨が紙くずとなる恐れがあるため、ビットコインで決済を始めた国など、個人や国の財政状況などの思惑で盛んに取引されます。

急激な勢いで成長している仮想通貨であるビットコイン。通貨の常識を変え、そもそも仮想通貨とはいったいどういったものなのか?何ができるのか?を分かりやすく解説していきます。

仮想通貨であるビットコインとは!?

ビットコインの分かりやすく説明すると

ビット コイン とは、 インターネット 上 で 発行、 取引 さ れる 仮想 通貨 の 1つ です。(引用:1時間で分かるビットコイン入門

通貨は本来国家が発行するものが通貨と言われ、ドル、ポンド、リラ、円など国によって通貨が違います。

仮想通貨はインターネット上で発行され、安全な取引をするために特殊な暗号技術が使われています。

よく耳にする「ブロックチェーン」は仮想通貨(暗号通貨)の幹部を担っています。

ブロックチェーンの仕組み

f:id:Barrgan:20180424230357p:plain

「ブロックチェーン」とは、ビットコインの中核となる「取引データ」技術のことを指します。(引用:「ブロックチェーン」とは?今さら聞けない基礎知識を解説

ブロックチェーンは分散型取引台帳と言われ、ユーザー同士がシステムを管理しあう構造となっています。

誰がいつ、どんな取引をしたかは全て記録された通帳を何百万人で保有している状態になります。(暗号化されているので中身は分からない)

データを改ざんする場合は、ネットワークに繋がっている全PCの情報を改ざんする必要がでてくるので、不正をするのは現実的ではありません。

ブロックチェーン技術による銀行の変化

銀行は自社データ管理サーバーを持ち、セキュリティに莫大なコストが必要です。銀行がブロックチェーンを採用することで今までデータ管理サーバーにかけていたセキュリティコストが不要となるので、取引手数料などが安くなる可能性があります。
そしてブロックチェーンを活用することで海外への送金手数料が安くなり、数日かかっていた海外送金を数秒に短縮する事が可能です。

現状ビットコインより銀行の送金手数料の低廉化に送金スピードなど銀行の取引をメインとしている仮想通貨リップル(通貨単位はXRP)があります。
リップルは仮想通貨ではないと言われていますが、ここでは説明を割愛させていただきます。

初期にビットコインが急騰した2つの要因

ビットコインが急騰することでニュースとして取り上げられます。仮想通貨であるビットコインの高騰のきっかけは国家の財政状況に特殊事情が絡んだ2つの事例があります。

1.キプロス金融危機

f:id:Barrgan:20180424231012p:plain

はじめて価格上昇トレンドとなったといわれているのが2013年3月のキプロスの金融危機。そのときに15,000円程度となり、そこから一気にビットコインの取引が増え、2013年12月には約100,000円になりました。

2.中国のビットコイン取引増

f:id:Barrgan:20180424231057p:plain

世界中でビットコインが盛んに取引され、一番活発だったのが「中国」でした。

中国人は積極的に投資をし、大きなリターンが期待できるものが大好きなのと人民元の信用が低い事がきっかけでビットコインの取引が活発になりました。

中国は資本主義ではなく社会主義国で中国内にある資産の全ては政府のものです。そのため自国以外の日本などの不動産を中国の富裕層が買っています。まだ海外の資産までは政府が介入してこないので富裕層は自国の資産以外に積極的に投資をし、その流れで仮想通貨であるビットコインに投資先として選ばれました。

中国政府は仮想通貨の取引が増える事を嫌い、仮想通貨の取引所に警告を与えました。(日経新聞:中国、仮想通貨取引所を当面閉鎖 ビットコイン急落

中国人民銀行が中国国内の三大取引所OKCoin、BTCC、Huobiを呼び出し、会合、ビットコイン投資の過熱に対する警告をだしました。これによりビットコインは大きく価格が下落することとなりました。

この事から国家の金融危機が起きた有事の際に金と同様にビットコインが急騰する可能性があるのと国家や大手金融会社がネガティブなコメントを出すことで容易く暴落します。

仮想通貨ビットコインできること

  • ビットコインの売買で利益

  • ビットコインで決済

  • 家族や友人にビットコインを送る

  • 少額の寄付や仮想通貨による投資

ビットコインはFXのように安く購入し、高い時に売る、またはこれから下がると予想して売りから入り、ある程度下がってから買いで決済するなど両方で利益を上げる事ができます。

今は投機がメインとなっていますが、本来は国を超えた決済機能の拡充や技術革新が主な目的です。

家族や友人に送るというのはあまりピンとはきませんが、グローバル化がどんどん進み、自国以外の大学の進学した際の生活費をビットコインで子供に送ります。ビットコインを換金したり、そのまま決済したりと使い道は多岐にわたります。

そして最後に少額の寄付や仮想通貨での投資などができますが、仮想通貨での投資話は今の所は情報弱者を狙った詐欺がほとんどです。

ほぼ手を出さない方が無難でしょう。自分で仮想通貨の取引を実施して、リターンを得るために勉強するべきです。

ビットコインを購入方法

ビットコインを購入するには取引所から購入することになります。
仮想通貨取引所のオススメ先は3社あります。

bitFlyer

f:id:Barrgan:20180424231456p:plain

bitFlyerはレバレッジ(最大15倍)をかけたFXやビットコインを決済として利用ができるサービスが豊富です。

Amazonのギフトや焼き肉店に大手家電量販店であるビックカメラで決済や自分のECサイトにビットコインで決済できる仕組みを導入することも可能です(審査あり)。

日本で作られたMONAコインを取り扱っている取引所です。

主要な取引所の中では口座の作成からはがきの郵送まで早く、最短で口座を作れて日本国内トップの取引高がある取引所です。 f:id:Barrgan:20180424231759p:plain

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

f:id:Barrgan:20180424232750p:plain

QUOINEXはシンガポールで設立された会社で取引手数料はビットコイン/円ペアは無料となり、レバレッジ取引(最大25倍)を行う事ができます。紹介している仮想通貨の取引所の中で一番大きなレバレッジです。

金融庁の仮想通貨取引事業者登録第1号とフットワークが軽い取引所。

レバレッジを最大にしてリターンを得たい人はQuoine(コイン)がオススメです。

zaif(ザイフ)

f:id:Barrgan:20180424233144p:plain

Zaifは毎月自動で積み立て投資ができます。毎月の金額を分散化できるドルコスト平均法で、購入単価を平均化することができるので価格変動リスクを抑える事ができます。

そして、Zaifの凄い所は取引手数料がマイナスのところです。取引するだけで手数料が貰えます。

レバレッジは最大で7.7倍で、アルトコインの取り扱いは5種類。

Zaifは指値や逆指値ができるので使いがっての良い仮想通貨取引所です。

ただし、本人確認の簡易書留ハガキが中々来ないので「Ziafハガキ難民」が大量にあふれています。

仮想通貨取引所で口座を作るために必要な物

口座を登録や本人確認のための書類をデータで送信します。

運転免許証の場合は、表と裏の両方が必要です。

仮想通貨取引所の中には、セルフィーとして、運転免許証を持った写真を送る必要があります。(コインチェック)

アカウントが作成されると次に簡易書留で郵便局からハガキがきます。

受け取る事で完了する取引所と受け取ったハガキにコードが記載されているので、コードを入力することで完了する取引所があります。

現在仮想通貨の投資ブームのため、仮想通貨取引所によっては、審査やハガキが中々届かないといったことがあります。

最短で口座作成から本格的に仮想通貨の取引をするならbitFlyerがオススメで注文を自分の推定した数値で購入したい場合はZaifがオススメです。