Fin POP

人生のノウハウや投資、子育ての学習をゲームのようにレベルアップできる情報を配信

長期的に投資に参加して資産をつくるカンタンにわかる株の入門


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180704160417p:plain

株とは、企業が発行する株を売買することです。
株というと損をしたり、投資に良いイメージがないのかもしれません。

株は株を購入する企業がこれから業績が伸びるという事を見極めるのは非常に難しい。
正しい知識を習得し、きちんと情報収集することで賢く利益を出すことができる「株」についてカンタンに説明していきます。

株で儲ける3つの内容

株は3つで儲けることができます。

1. 株価の値上がり益(キャピタル・ゲイン)
自分勝った株価より上がれば、上がった分利益になります。
株をやっている人のほとんどが値上がり益を目的に株を売買しています。

2. 配当金
業績に応じた利益の一部が配当金(インカム・ゲイン)としてもらえます。
配当金狙いは、値上がり益より大きく儲けることはできませんが、2~5%ほどもらえます。

3. 株主優待
株主優待は日本特有の制度です。
株主優待がある企業は保持している株数の応じてプレゼントをもらうことができます。
あまり値動きがない企業で株主優待の割引券等をもらえるのであれば、ただ銀行に預けている断然お得です。

値上がり益のほかに配当、株主優待制度を利用して儲けるという事ができますが、すべて値上がり、値下がりに大きく影響することからメインは値上がり益を目指しましょう。
株価が上がりながら配当や株主優待をもらいつつ、持っている株の半分を売って値上がり益を取るなど組み合わせで儲けることができます。

株はどこで売買できるのか!?

株を買うには証券会社の取引口座を開設する必要があります。
株の注文には2つの方法があります。

1.対面取引(電話注文等)
2. ネット取引

対面取引の場合は、ネット取引に比べて手数料が高いですが、営業マンからのアドバイスを受けることができます。
ネット取引は名前の通りネットから注文するので営業マンのアドバイスがないので手数料が割安。

おすすめの証券会社は2社あります。
SBI証券楽天証券です。
上記の2社は手数料が割安でチャートが見やすく総合的に優れた証券会社で自分で作る年金iDecoの手数料も割安に利用することができます。

取引口座の開設は電話またはネットで申し込むことができます。
ネットの場合は、証券会社のWEBサイト上の口座開設申し込みフォームに住所、氏名など必要事項を入力します。
入力の際に2つの取引口座である「一般口座」と「特定口座」を選びます。
一般口座は自分でやることが多いのに対して特定口座はすべて証券会社で利益や税金について計算してくれます。
入力後にスマホなどで撮った本人確認書類をアップロードすれば1週間後ほどに本人確認郵便(受け取る際に本人確認書類の提示が必要)でログインに必要やIDとパスワードが送られます。

株の売買にかかる手数料は気にしなくていい

株の売買には手数料がかかります。
ネットが発達している影響でネットによる注文は電話注文よりかなり割安なのであまり注力する所ではありません。
ネット証券の中で上記でも説明したSBI証券と楽天証券は手数料の水準がトップクラスで割安です。

株で利益が出た時の税金について

株の利益には税金がかかります。
サラリーマンの場合は、株で20万円の利益がでた場合は確定申告で税金を納める必要があります。
証券会社で口座を作る際に「一般口座」と「特定口座」があります。
「特定口座」の源泉徴収ありにしていると証券会社が自動で納税してくれます。

一般口座と特定口座については下記記事を参考にしてください。

www.fin-pop.info

投資利益が最長5年非課税になるNISAについて

NISAは2014年1月にスタートした金融商品の利益に対する非課税制度で日本国内の投資を促そうとする期限付き制度です。
毎年120万円(最大非課税枠600万円)の非課税枠で最長5年間利用できます。
NISAは2014年から2023年までの制度なので2023年中に購入した金融商品は5年間非課税枠で保有することができます。

www.fsa.go.jp

www.rakuten-sec.co.jp

株で損が出た場合に必ずやるべきこと

株の投資がオススメな理由として良く上げられるのが損失が出た際の「損益通算」と「繰り越し控除」が利用できることです。
株は損失が出た際は、利益に対して損失と通算(相殺)し、通算(相殺)しきれない分は繰り越され、最長3年か繰り越されます。

その年の株式等に係る譲渡所得の金額と損失額を通算することを「損益通算」といい、通算しきれない損失が残った場合は 翌年以降、損益通算できることを「繰越控除」といいます。そのため、この制度を「上場株式等の譲渡損失の損益通算および繰越控除」といっています。引用:株で損が出たら確定申告を!期限後でもしておこう [確定申告] All About

損が出ても3年間は損を持ち越せるので、1年目に50万円のマイナスで2年目に40万の利益であれば、マイナス10万円なので税金はかかりません。そして3年目に40万円の利益を出すとマイナス10万円分を通算し、30万円に対して税金がかかることになります。
この損益通算、繰り越し控除を受けるためには必ず「確定申告」を行う必要です。
1年間株の投資を頑張った結果が出ても諦めず、損した分は3年間繰り越せるので諦めずに株で勝てるための勉強を取り組みましょう。

株で勝つ人負ける人の特徴

投資は損をする人もいれば儲かる人もいます。
損をする人と儲かる人の差はいったい何なのか?と考えると一番手っ取り早いのは儲かっている人に教えてもらうっても損をする可能性があります。
儲かっている人と全く同じ思考で全く同じ手法をすれば儲かりますが、教えてもらってもその通りに売買できる訳がありません。

株で勝ち続けるには相場を理解するための勉強株を好きになれるかとメンタル面の3点です。

株で勝ち続ける人の特徴

f:id:Barrgan:20180704224223p:plain

株で勝つには前提として知識は必須です。
知識以外では行動やメンタル面に左右され、過去の失敗を糧に活かすことが大事となります。
安易に購入しようとするのではなく、徹底的に調べつくして、なおかつ冷静に判断し、チャートを読み解いて売買するタイミングを測れるようになることが大事です。
そして、購入する前にしっかり出口戦略を考え、利確は20%で損切りは10%などしっかりルールを決めておきましょう。

株で負ける人の特徴

f:id:Barrgan:20180709122852p:plain

上記の株で勝ちづづける人より負け続ける人やちょっと損が出ただけで株式市場から退場する人が後をたちません。
私もその一人ですが、今後投資という事は非常に大事なものなので、勝ったり負けたりしながらトータルで勝てばいいという1つ1つの勝ち負けにこだわらないことが大事。
一度利益が出たらかといって調子に乗り、勘に頼りながら購入するのは論外。
なぜ購入したのかを理論的にチャートを交えて説明できない限りすべて買うタイミングではありません。
そしてよく見かけるのは自分で判断せず、他人のSNSの情報を鵜呑みして売却タイミングを見逃して損失を出す人。
他人の判断で購入して上がっている中で利益を出せるのが勝ちづづける人で根拠がない中での上がり続けるという発想は非常に恐ろしいことです。

株価の下落や上昇には必ず根拠があります。
最初に損失が出ると思いますが、損失を減らせる手法を学べば学ぶほど利益を出しやすくなるので無理なく長期間株投資で切削琢磨し、毎年利益を出せるようがんばりましょう。

株で勝つ3つの法則

株は買った後にあとは上がることを祈るというようでは、長期間株投資で利益を出し続けることは非常に難しいです。
株で勝つには3つの法則があります。

株は買う前にすべてが決まる
上場企業の決算書を見て先を予想する
チャートで売買判断する

購入する株は事前に企業調査の動向に決算書の確認に売買するタイミングなどをチャートで判断します。
ある程度購入してからストーリーを自分で作っておく必要があります。
ストーリー通りにいかなかった場合はどの位置で損切りをするかなどすべて購入する前にルールを決めておく必要があります。
そうでなければ暴騰や暴落に対して冷静に判断ができず、オドオドしている間に売買タイミングを逃します。

そして一番多いのが暴落時の損切りができず、そのまま放置する「塩漬け」が投資初心者には非常に多いです。
塩漬けになると塩漬けしている代金はそのままになるので、余剰資金がない人やあまり投資にお金を回せない人にはほかの株を買えないといった機械損失になります。
株は入口と出口戦略をしっかり持って投資に取り組むのが第一に頑張るべきところです。