Fin POP

人生のノウハウや投資、社会について将来の子供の教科書として活用するBlog

少しずつ稼ごう!お小遣い稼ぐのにもってこいのFXの3つの魅力


スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20180816221147p:plain

FXと言われるとほとんどの人が「損をする」というイメージが強いかと思います。
ひとえにドラマや漫画などでFXで破産するシーンが描かれていることが原因ではありますが、損をするという事は得をする人もいるという事です。

外貨で運用するFXとは

FXは、外貨(ドルやユーロなど)で「為替差益」を狙って行う取引です。
為替差益は買いや売りのどちらでも利益を出すことができます。

例えば、1ドル110円の時に買いで入ったとします。
その後、1ドル120円になり決済すると10円の利益が出ることを「為替差益」といいます。
逆に売りで入ることもでき、110円で売りで入ったとします。
その後、1ドル100円になった所で決済すると10円の利益を得ることができます。
f:id:Barrgan:20180816233732p:plain

買いと売りどちらでも儲けられるFXがお小遣い稼ぎに良い3つの魅力があります。

1.短期間かつ少ない資金で割安な手数料で投資ができる

外貨での投資となると一般的に外貨預金が一般的でした。
外貨預金は、金利の高い国の通貨で預金する投資法で利息を主にターゲットにしています。
預金天国の日本人に大好きな外貨預金ですが、利息を得るのに時間がかかり、多額の資金がなければ多くの利息を受け取ることができません。
そして何といっても言葉や文化に制度の違いに手数料が高いのが難点です。

外貨預金に比べてFXは、短期間(1週間、1日または数時間)で利益を出すことができ、少ない資金でもスタートすることができます。
特にSBI FXは、最初に投資する上限をかなり低いので約5円程度で取引をスタートすることができるので実際のお金を使って少額で取引することができます。

2.大きなリターンを狙うことができる

FXにはレバレッジというものがあります。
レバレッジは「てこ」といわれ、小さな資金で大きな投資ができ、日本では最大25倍のレバレッジを利かせることができます。
10万円でFXをする際にレバレッジ25倍なら250万といった多額の金額で取引することができます。
ただし、レバレッジを利かせた分、利益がでれば大きなリターンを得ることができますが、損失となると大きな損失となることを理解しておきましょう。
レバレッジは「諸刃の剣」ではありますが、実力次第では大きなリターンを得られることができるので、少額のお小遣いから実力があれば億万長者だって夢ではありません。

F3.Xで取引をするのにハードルが低い

投資となるとよくイメージされるのが「株式取引」。
株のほとんどは、証券取引所が開いている時間のみ取引可能(夜間取引もあるが割愛)。
平日の日中に仕事をしながら株の取引きをするのは事前に注文を出していないとできないのと約4000種類の銘柄から今より値上がりする銘柄を探す必要があります。
それに比べてFXは、平日の24時間取引ができ、取り扱っている通貨はせいぜい10種類ぐらい。
FXの取引きが一番活発化するのは、基軸通貨であるドルが主に取引されているニューヨーク市場の開いている時間帯です。
ニューヨーク市場が開いている時間帯は、日本の夜10時以降のため、夜の少しの時間でFXで利益を出すことが可能です。
日中にFXに必要な情報を仕入れ、夜に情報をもとに自分の取引きルールに基づいた売買をすることができます。

いろいろな情報をもとにコツや自分の売買タイミングやルールを作成し、チャレンジすることで少しずつ慣れてくれば、お小遣い、さらにお小遣いの向こうにある大きなリターンを得て、人生をもっと楽しみましょう。